川崎幸病院 放射線治療センター

皆様へ

最近のがん治療は、外科療法、放射線療法、化学療法の三本柱を中心に目覚しく進歩し、治療成績の向上と患者さんのQOL(生活の質)の改善に大きく寄与しています。中でも放射線療法は、高齢化社会を迎えて増えつつあるがん患者さんの治療に欠かせないものとなりました。その背景には、高精度な治療に向けての医療機器の開発とコンピュータ技術の進歩があり、これらの装置類を用いることにより、これまで以上に効果的にがん病巣部へ照射できるようになったことがあげられます。CTなどの画像情報をもとに治療計画をたて、照射範囲を的確に定めて治療することで、病巣部には腫瘍制御の線量を照射し正常な組織や臓器には可能な限り線量を減らせるようになりました。川崎幸病院の放射線治療センターでは、最新の治療機を導入し、正確な位置決めと治療ビームの照準ができるようになっています。乳がん、前立腺がん、肺がんなどさまざまな腫瘍に対して、患者さんへの負担を少なくして、これまでよりも安心して優しい治療が受けられるようになったのが大きな特徴です。

当センターの放射線治療法

川崎幸病院の放射線治療センターでは、エレクタ社のシナジーという最新の放射線治療装置(直線加速器)を導入しています。この治療装置にはCT装置が装てんされており、これを用いて治療前の正確な位置決めと治療ビームの照準ができるようになっています。これにより、病巣部への理想的な照射が可能となりました。 乳がん、前立腺がん、肺がんなどさまざまな腫瘍に対して、患者さんの負担が少なくなり、これまでよりも安心して優しい治療が受けられるようになったのが大きな特徴です。 高度な医療技術の提供と、専門スタッフによる患者さんへの全面的な支援を行ってまいります。

当センターの放射線治療法

当センターの特色

当センターでは17時まで照射治療の受付を行っておりますので、勤務の前後でも通院いただけます。

当院の放射線治療のポイント

1. がんだけを狙い撃つ最新鋭の照射技術 IMRT(強度変調放射線治療)

今までの放射線照射技術は、
治療ビーム内の放射線の強度が均一であったため、がんの周辺にある正常な細胞にも放射線は照射されてしまいました。そのため、正常な細胞への副作用を抑えるために、がんに強い放射線を照射することができず、治療効果がなかなか上がりませんでした。

IMRT(強度変調放射線治療)を用いると
最新のコンピューター技術を用いて、治療ビーム内の放射線の強度や形状を、がんのかたちや位置に合わせて変化(変調)させて照射することができます。この照射技術をIMRT(強度変調放射線治療)といいます。IMRTにより、がん細胞には高い放射線量を集中させながら、周囲の正常な細胞への放射線量を減らすことができるため、副作用の低減と治療効果の向上が期待できます。

前立腺がんに対するIMRTの放射線量分布図

画像の赤い枠で囲まれた部分(前立腺がんがある部分)には高い放射線量を照射し、青い枠の部分に近づくにつれ放射線量を減らして照射しています。 また白い丸の部分の直腸へは放射線があたらないようにしています。

正常組織(直腸)を避け、前立腺がんに強い治療ビームを集中させることが可能なため、副作用を抑え、治療効果の向上が期待できます。

前立腺がんに対するIMRTの放射線量分布図

2. より進歩したIMRT VMAT(回転原体強度変調放射線治療)

さらに、川崎幸病院では治療ビームの形状と強度を変化させながら、かつ、身体の周りを回転させながら連続的に照射する、IMRTの中でもVMAT法(回転原体照射の変法)を採用しています。他のIMRTと比較すると放射線の照射時間が短くなり、患者さんの身体への負担も軽減されます。

従来のIMRTでは1回の照射が5~10分→VMAT法だと60~90秒で照射完了

3. 高精度放射線治療装置 エレクタシナジー

なぜ放射線でがんが治るのか?
放射線治療は放射線を照射することにより、がん細胞内のDNAにダメージを与え、がん細胞を死滅させる治療です。放射線はがん細胞のような細胞分裂の活発な細胞ほど殺傷しやすい性質があるため、正常な細胞にはあまり影響を与えずにがん細胞を殺傷することができます。
また正常な細胞は放射線によるダメージからの回復ががん細胞よりも大きいため、放射線の量を小分けにして照射することで正常細胞を回復させつつ、がん細胞をたたいていきます。

放射線の照射精度が治療のポイント
がんを効果的にたたくためには、正常な細胞に放射線をあてずに、がんだけに集中的に強い放射線を照射することが理想です。
しかし今までの放射線治療装置では、がんだけに放射線を正確に照射する技術が低かったため、正常な組織にも放射線があたり副作用が生じたり、十分な放射線をがんに集中できず治療効果がなかなか上がりませんでした。

コンピュータ技術の発展により

放射線治療装置は年々進歩してきました

川崎幸病院は、2012年7月に放射線治療を開始するにあたり、最新型の高精度放射線治療装置であるエレクタシナジーを導入しました。エレクタシナジー導入により、IMRTをはじめとした理想的な放射線治療が可能になりました。

高精度放射線治療装置 エレクタシナジー
高精度放射線治療装置 エレクタシナジー

4. 治療ビームのわずかな誤差を補正 IGRT(画像誘導放射線治療)

放射線治療では、治療開始前にCT画像でがんのかたちと位置を把握し照射の計画をつくります。効果的にがんをたたくためには、その計画どおりに誤差なく、治療ビームを照射することが必要です。

エレクタシナジーはわずかな誤差も補正
エレクタシナジーにはCT装置が装備されています。当院では、毎回の治療開始直前にこのCT装置を用いて、患者さんのがんの位置を再度確認し照射計画とのわずかな誤差を補正してから放射線照射をしています。
この、CT画像を用いて誤差補正を行う技術をIGRT(画像誘導放射線治療)といいます。

IGRTによる照射誤差補正

治療計画時に撮影したCT画像と放射線照射開始直前のCT画像を照合し、わずかな誤差を補正します。
毎回の治療開始直前に照射誤差の補正を行っていますので、高精度の治療が可能です。

IGRTによる照射誤差補正

5. 専門スタッフによる診療体制

最新型の治療装置の機能を最大限に発揮するために、当院放射線治療センターでは放射線治療医、医学物理士、診療放射線技師、看護師、医療クラークなどの専門スタッフが協力して診療にあたっています。

川崎幸病院は、IMRT、IGRTの施設認定を受けています

川崎幸病院は、IMRT、IGRTの施設認定を受けています

6. 東大病院との連携

当院放射線治療センターは、東京大学医学部附属病院放射線治療部門と専用のネットワーク回線を結び、放射線治療計画装置、治療情報、検証情報などを共有し、大学病院と同じ治療環境を整えています。

7. 患者さんの立場に立った診療

患者さんは多くの不安を抱えて治療を受けにいらっしゃいます。当院放射線治療センターでは、すべてのスタッフが患者さんの立場に立って寄り添い、患者さんの声に傾聴する姿勢を大切にしています。
治療方針については、患者さんが充分に理解し、納得いただけるまで説明させていただきます。また、治療中に患者さんが副作用の症状を感じられた際には、迅速に診察・処置をするのはもちろんのこと、「この症状はなぜ起こるのか、どのようにすれば症状が良くなるのか」説明し、患者さんの不安を少しでも和らげるように対応しております。

患者さんの立場に立った診療

▲PAGE TOP