川崎幸病院 放射線治療センター

がんと診断された方へ

がんと診断されてショックを受けない方はいないでしょう。誰もが、先々の事を悪いほうにばかり考えてしまい、常に不安を抱えていらっしゃることでしょう。
私たちは、がんの治療にあたって、まずはご不安を少しでも和らげ、患者さんがポジティオブな気持ちで治療を受けられるようにすることが大切であると考えています。

がんは早期であれば治る病気です

がん治療の進歩は目覚しいものがあり、従来に比べて生存率も飛躍的に改善されてきました。今では早期発見・早期治療により「がんは治る病気」です。がんと診断された方の中でも、がんと上手に付き合い、日々いきいきと生活されている方も多くいらっしゃいます。
最初は誰もが不安です。お一人で抱えずに、わたしたち医療者にご相談下さい。安心で安全な治療法を患者さんとともに考えていきたいと思います。

がんと診断されたら

担当医から病状についての説明を受ける

まず大切なことは、がんの状態を知ることです。各種検査結果をもとに、担当医からがんの大きさ、性質、広がりなどについて説明がありますが、十分に理解ができるまで質問することをすすめます。 次に診断結果をもとに治療の方針を決めていきます。がんの進行の程度を「病期(ステージ)」という言葉で示します。「病期」によって最も良い効果が期待される治療を選択することになりますが、年齢や体調、がん以外の病気がないかなど総合的に判断し、患者さんにとって最良の治療法を検討していきます。

担当医と治療方針を決めていく

がんの種類や進行度などによって、治療法の選択肢が複数あることもあります。担当医は、あなたの病気の進行度や状態に合わせて、最適と考えられる治療法や他の選択肢を提示し説明します。担当医からの説明を理解し、納得したうえで、どの治療法を選ぶかを決めるのは患者さんご自身とご家族です。わからないことがあれば理解できるまで担当医に質問し、また、必要であればセカンドオピニオンを参考にするのも良いでしょう。

治療方針を決定

担当医のもとで治療を開始

必要に応じて専門の医療機関を紹介

紹介状をもって受診

セカンドオピニオン

担当医が示した治療方針について、別の医師・医療機関の意見を聞きたい時には、他の医療機関を受診し、「セカンドオピニオン」を参考にすることができます。

▲PAGE TOP