放射線治療とは?

 

放射線治療のメリット

身体を切らずに治療できる

手術のように身体の一部を切り取ることなく、内臓組織や機能を温存したまま治療ができるため、治療前とほとんど変わらない生活をすることが期待できます。

身体への負担が少ない

体を切らずに治療中の痛みもないので、身体的な負担が軽い治療法といえます。また、放射線治療の時間も短く(10~30分)、日常生活を送りながら通院で治療することが可能です。

高齢の方や合併症をお持ちの方でも治療できる

放射線治療は身体への負担が少ない治療法であるため、高齢や合併症により、身体に負担がかかる手術治療が難しい患者さんへの治療も可能です。

いかなる部位でも照射できる

外科手術が難しい場所にあるがんに対しても、放射線治療は有効です。