当センターの放射線治療の特徴

 

治療が可能ながん

放射線治療の適応について

がんの転移があるかどうか(他の臓器まで転移しているか)、がんの広がり方・進行具合によって放射線治療が適応かどうかが決まります。また患者さんの今までのがんの治療歴や治療経過も加味して、放射線治療が有効かどうかを判断します。

治療対象

放射線治療が適用になるポイントは次の2つになります。

1
病巣の範囲が限局している
2
所属リンパ節領域を含めても一定の照射範囲内に収まること

放射線治療の対象となるがん

  • 脳腫瘍(原発性、転移性)
  • 頭頸部腫瘍(上顎がん、上・中・下咽頭がん、舌がん、他の口腔がん、喉頭がん)
  • 乳がん
  • 肺がん、縦隔腫瘍
  • 食道がん
  • 肝・胆・膵がん
  • 直腸がん、肛門がん
  • 子宮頸がん、子宮体がん
  • 前立腺がん、膀胱腫瘍
  • 骨腫瘍(原発性、転移性)
  • 悪性リンパ腫
  • 小児がん

放射線治療の適応の高い疾患

頭頸部腫瘍、乳がん、肺がん、食道がん、前立腺がん、転移性の骨腫瘍・脳腫瘍

手術前・後に適応される疾患

結腸・直腸がんなど

化学療法と併用して適応される疾患

悪性リンパ腫など