当センターの放射線治療の特徴

 

IMRT(強度変調放射線治療)

最新の照射技術 がん細胞にピンポイントで放射線照射

IMRT(強度変調放射線治療)とは、コンピュータ制御により多方向から放射線を照射し、かつ、照射ビーム内の放射線の強弱を調節し、がんの部分のみにピンポイントで放射線を集中させる照射技術の一つです。この技術により、がん細胞には集中的に放射線を照射し、がん細胞周辺の正常な組織には極力放射線があたらないようにすることを可能にした画期的な治療技術です。

IMRTのより詳細な解説はこちら

IMRT(強度変調放射線治療) イメージ

IMRTの仕組み

体内深くにあるがん細胞に放射線を外部から照射する場合、放射線は必ず正常な組織を通ってからがん細胞に到達するため、正常細胞にも放射線は照射されてしまいます。これは、通常の照射方法では、照射ビーム内の放射線の強度が均一であるためです。
これに対し、強度変調放射線治療では、コンピュータ制御により、ビーム内の放射線の強度に変化を持たせることが可能です。そのため、がん細胞のみに放射線を集中させることができるのです。

副作用の軽減

IMRTは、がん細胞周辺の正常な細胞への放射線の照射を最小限に抑えることが可能です。そのため、正常細胞への影響を抑え、副作用の軽減が期待できる治療法です。

治療効果の向上

放射線治療では、がん細胞に照射する放射線の量を増やせば、がん細胞を小さくする効果もあるところまでは高まります。しかし、放射線の量を増加すると、同時に周囲にある正常細胞への放射線による影響も増加させてしまいます。
IMRTは、正常細胞への放射線の照射を抑える治療法であるため、結正常細胞への影響を抑えつつ、がん細胞への放射線の量を増やすことが可能であり、放射線治療の効果の向上が期待できます。

治療対象

現在の主な治療対象は前立腺がんと頭頚部がんです。IMRTを用いることにより、前立腺がんでは直腸出血などの副作用の軽減が期待できます。