当センターの放射線治療の特徴

 

IGRT(画像誘導放射線治療)

がん細胞に高精度で放射線を照射

放射線治療では、放射線を正確にがん細胞へ照射することが非常に重要です。
IGRT(画像誘導放射線治療)とは、患者さんの画像情報(CT画像等)を利用してがん細胞の位置を確認し、照射の位置補正をしながら、高精度でがん細胞に放射線を照射する治療法です。

IGRTのより詳細な解説はこちら

IGRT(画像誘導放射線治療) イメージ

当センターのIGRT

当センターの放射線治療装置であるエレクター社のシナジーには、CT装置も一緒に装填されています。この3次元のCT画像を用いて、がん細胞の位置を確認しながら放射線照射の位置を合わせています。これにより、治療計画で立てた理想の治療プランにか限りなく近い正確な放射線照射が可能になります。