当センターの放射線治療の特徴

 

皆様へ

最近のがん治療は、外科療法、放射線療法、化学療法の三本柱を中心に目覚しく進歩し、治療成績の向上と患者さんのQOL(生活の質)の改善に大きく寄与しています。中でも放射線療法は、高齢化社会を迎えて増えつつあるがん患者さんの治療に欠かせないものとなりました。その背景には、高精度な治療に向けての医療機器の開発とコンピュータ技術の進歩があり、これらの装置類を用いることにより、これまで以上に効果的にがん病巣部へ照射できるようになったことがあげられます。CTなどの画像情報をもとに治療計画をたて、照射範囲を的確に定めて治療することで、病巣部には腫瘍制御の線量を照射し正常な組織や臓器には可能な限り線量を減らせるようになりました。川崎幸病院の放射線治療センターでは、最新の治療機を導入し、正確な位置決めと治療ビームの照準ができるようになっています。乳がん、前立腺がん、肺がんなどさまざまな腫瘍に対して、患者さんへの負担を少なくして、これまでよりも安心して優しい治療が受けられるようになったのが大きな特徴です。

当センターの放射線治療法

川崎幸病院の放射線治療センターでは、エレクタ社のシナジーという最新の放射線治療装置(直線加速器)を導入しています。この治療装置にはCT装置が装てんされており、これを用いて治療前の正確な位置決めと治療ビームの照準ができるようになっています。これにより、病巣部への理想的な照射が可能となりました。 乳がん、前立腺がん、肺がんなどさまざまな腫瘍に対して、患者さんの負担が少なくなり、これまでよりも安心して優しい治療が受けられるようになったのが大きな特徴です。 高度な医療技術の提供と、専門スタッフによる患者さんへの全面的な支援を行ってまいります。

当センターの特色

当センターでは17時まで照射治療を行っておりますので、勤務の前後でも通院いただけます。

当センターの放射線治療法 チーム医療 医療スタッフが チームとなって 患者さんをサポート 最新の治療装置 エレクタ社シナジー IMRT 最新の治療技術 IGRT 治療ビームの高精度照射 東大病院との連携 質の高い治療を実現